Top > デジタル・ワークスタイル

デジタル・ワークスタイル

Last-modified: 2008-03-01 (土) 09:50:52 (3883d)
分類ビジネス書,仕事術
サイズほぼB6サイズ(四六判)
出版元二見書房
著者徳力 基彦
製品リンクデジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術【AA】


感想

内容★★☆☆☆広く薄くといった印象。
読み易さ★☆☆☆☆太字が多用してあるので、あまり読みやすくはない。
活用度★★☆☆☆突っ込んだ内容がなく、検索性が悪い。



仕事をする上で便利なテクニックを紹介してる仕事術本。いわゆるLifehack系のもの。
購入のきっかけは、ITmediaの記事
書籍タイトルからもわかるように、デジタルツール,PCやインターネットを活用することに主眼がおかれた内容。


内容は、基本編,メール術編,時間管理術編,情報収集力編,情報分析力編,情報発信力編の6章構成。
基本編で「ツールを使って時間を節約することが重要」と述べ、後の章はその主張に合わせてツールの紹介と活用方法が書かれている。


ツールのレビューを集めたような内容で、内容がやや薄く感じた。
“紹介”にしては一覧性や検索性が悪く、“活用法”にしては突っ込んだ内容に乏しい。
「ツールの紹介はするが、使い方は読み手が考える」というスタンスで書かれているからかもしれない。


“仕事術”といわれる項目を幅広く扱っているのも、内容の薄さに繋がっている用に感じた。
「時間管理術」などは、この本を読むよりは、時間管理やタスク管理に絞って書かれた本を読んだほうがいい。
より集中して書かれた本を読んだ後なら、その内容を実践するための参考としてこの本を見るのはいいかもしれない。しかし、そうするには一覧性の悪さが足を引っ張る。


章内にある1つ1つの項目は、短く独立した書き方。どことなくブログのような書き方。
前後の内容と繋がりないので、ちょっとずつさっと読むにはいいかもしれない。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White