Top > 宮村家へようこそ

宮村家へようこそ

Last-modified: 2008-02-03 (日) 21:36:54 (3787d)
分類CD / ドラマCD
メーカー・ブランドminori
製品リンクef - the first tale.
Wikipediaef - a fairy tale of the two.
購入店minori オフィシャル通販

概要

「ef - a fairy tale of the two.」のドラマCD。2006年冬コミで発売。その後、オフィシャルサイトでの通販が短期間だけ行われた。*1



新藤景と羽山ミズキが、宮村みやこの家に連れ込まれ遊びに行って、ひと騒動起こすという展開。

ストーリーの時期は、「ef - the first tale.」第2章の数ヵ月後。


感想

「ef」のドラマCDが、ef - the first tale.」本編より面白いのは、ほとんど確定済み。今回も前例に漏れず、やっぱり本編より面白かった。



基本的に、はじめから最後までどたばた騒ぎのドラマCD。

会話のテンポがいい。次々にたたみ掛けるような言葉の応酬は、聞いててかなり楽しい。



みやこと景が暴走気味&みやこがややデレ。ぐちをぶちまけるみやこというのは、本編にはなくて珍しい。

宮村の家と新藤の家の過去の確執(?)の小ネタがあったり、みやこも景も大きな屋敷に住むお嬢様だったりと、本編を補足する設定がちょこちょこと出てくる。「ef - the first tale.」の前に作られたものなのか、一部セリフが本編と合ってなかったりもするけど。



ef - the first tale.」の展開が大きく拡張されるようなネタはあまりないけど、紘の姉である広野凪が登場するシーンが多いのは大きなポイント。ほとんど出番がなかった本編とは違って、このドラマCDではかなりの長台詞で登場する。

本編中では「紘が苦手にしている」という程度の設定しかわからなかったけど、そのほかの性格やしゃべり方など、新しくわかる要素が多い。

傍若無人で強引だけど、紘の面倒はよく見ている優しい姉。一人称が「ボク」なのは、正直どうかと思ったけど……。



最後のトラックで少しだけ出てくる千尋が、典型的な“まきいづみ”声だったのが、少し違和感。


トラック情報

  1. 犬も歩けば
  2. 宮村家の人
  3. お嬢様と紅茶
  4. 鳴ってしまった電話
  5. 一難去って
  6. みやみやご乱心
  7. 捨て身の逆襲
  8. お姉さん1
  9. お姉さん2
  10. そして朝が来る
  11. もう一つの朝


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 minori作成グッズの供給量が少ないのは、「ef」作成のために負った借金が大きく、売り上げも予想を上回るものではなかったために、経済的な体力がないせいだ――という噂が、まことしやかにささやかれている……。