Top > 言われてみれば確かにそんな事もあったけど今となっては別にもうどうでもいい事だよね・紅

言われてみれば確かにそんな事もあったけど今となっては別にもうどうでもいい事だよね・紅

Last-modified: 2008-12-31 (水) 19:24:00 (3555d)

概要

タイトル,シリーズ名
世は並べて事も無し東方同人初期作品集・上
言われてみれば確かにそんな事もあったけど今となっては別にもうどうでもいい事だよね・紅
サークル
世は並べて事も無し
ジャンル
純愛ほのぼのコメディハイスピードバトルアクションマンガ,総集編
紅魔館の愉快な仲間たち,霊夢,魔理沙,射命丸,アリス,慧音
発行日
コミックマーケット 74(2008/08/16)
取り扱いショップ
とらのあな,ホワイトキャンバス,D-STAGE
その他
A5コミックスサイズ
作品紹介ページ→世は並べて事も無しコミックマーケット74新刊 世は並べて事も無し東方同人初期作品集・上「言われてみれば確かにそんな事もあったけど今となっては別にもうどうでもいい事だよね・紅」紹介
購入
とらのあな福岡店

ネタバレありの感想

サークル「世は並べて事も無し」がこれまで発行した作品のうち、「こぁーずシリーズ」より前のものから、紅魔郷メンバー中心の4作品を収録した総集編*1


ただ4つの作品を並べるだけではなくて、それぞれの作品の間には書き下ろしのショートストーリーが挟まれている。
レミリアが開催する紅魔館でのパーティに集まったメンバーが、昔話に花を咲かせるという設定。昔話の部分が過去作品。間に挟まるパーティーシーンが書き下ろしになっている。


紅魔館が舞台になっているので、「こぁーずシリーズ」に登場しているキャラも多い。
パーティシーンでのキャラ同士の関係は、「こぁーずシリーズ」とほぼ同じ*2。過去話(収録されてる旧作)でもあまり変わっていない*3


本のカバーを外すと、本体の表紙と裏表紙に書き下ろしのショートマンガが描かれている。登場するのは永夜組のキャラ。


原作からは外れた設定は多め。原作設定に忠実なものを求める人は、合わないと思う。




世は並べて事も無し」の作品のうち、持っているのは「どーしてまたあの娘は私の気持ちに気づいてくれなくてあぅあぅ・・・」から。ちょうど持ってない部分が「言われてみれば(中略)・紅」に収録されたのがうれしい。
入手にはけっこう手間取った。ショップ通販は気づいたときには完売。店頭に並ぶまでに時間がかかって、C75からあとしばらくは毎日のようにショップに通って、ようやく手に入れた。やっと見つけたうれしさで、つい2冊買ってしまいましたヨ。


「紅」はバトルシーンが多め。独自スペルカードを撃ち合い相殺しまくる展開。熱くて派手で勢いがあってノリが良い。
一方で、弾幕のないシーンはのんびりしている。
収録作品間のパーティシーンは、ほんわかした雰囲気で、柔らかな空気。
展開の緩急が豊かで、何度見ても楽しい。
「こぁーずシリーズ」ではちょっと澄ました印象があるパチュリーだけど、ノリがよかったりコミカルなところがあったりしたのは新鮮だった。
それにしても、こぁはスタイルがいい。

収録作品

博麗神社激戦中

魔理沙vs.レミリア。
霊夢のひざ枕をかけて、魔理沙とレミリアが弾幕勝負をする話。
永夜抄から慧音と妹紅が出張して、解説役をやってる。


カリスマがあるようで、けっこう子供っぽいレミリアがかわいい。
パクリ魔魔理沙が本領発揮。
世は並べて事も無し」の魔理沙は原作以上にやりたい放題。
ラストはちょいエロ。

大妖精対小悪魔

大妖精vs.小悪魔。
魔神が取り憑いて暴れる小悪魔に、たまたま巻き込まれた大妖精が対抗する。


独自スペカ*4を撃ちまくる小悪魔と大妖精。
とにかく派手で迫力があるバトル。
大魔法を放つ小悪魔に対して、常に少し上手を行く大妖精がかっこいい。
このころのパチュリーさんは、まだおっぱいがローブの下に隠れてる。
こぁは最初から巨乳。しかもバトルで胸元はだけてしまったり。
おまけショートコミックの博麗神社での宴会がにぎやかで面白い。

新聞の勧誘とかそーゆーの一切お断りですから!!

美鈴vs.文。
新聞の年間契約者を増やしたい文と、お嬢様に新聞は断るように言われた美鈴が衝突。


地の利を生かして文と互角以上の戦いをする美鈴。
実は強い美鈴という話はかなり好き。
コマは小さいけど、パチュリーさんのおっぱいがローブからあふれるほどの巨乳になってる*5

こんな日の午後は図書館でだらだら過ごしませんか?

パチュリーvs.魔理沙。
レミリアにカリスマ低下を指摘されたパチュリーが、カリスマ復活をかけて魔理沙と弾幕勝負。
演出は美鈴、慧音、アリス、小悪魔が担当。


巨乳パチュリーさんがメインなので、全体的におっぱいがぱっちゅんぱっちゅん。巨乳キャラ多いし。ふとももフェチな私としては、チルノと大ちゃんのフトモモに目が奪われてしまうわけですが。
あまり見ない、ノリがよかったり笑顔だったりするパチュリーがかわいい。
魔女キャラ同士だけあって、バトルシーンは特に勢いがあって派手だった。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 「こぁーずシリーズ」に直接ストーリーが繋がる、「どーしてまたあの娘は私の気持ちに気づいてくれなくてあぅあぅ…」と「誰かを好きになる事に先とか後とかそんなの全然関係ないでしょ?」の2冊は未収録。
*2 ただし、小悪魔はデュオ一人だけが登場。
*3 あえて違いをあげるなら、過去作品では、こぁとだいちゃんの恋愛関係はまだ始まってないことと、咲夜さんと美鈴の仲がいいシーンがない。
*4 アニメが元ネタ。
*5 世は並べて事も無しの作品で、パチュリーのおっぱいがはっきりと巨乳で描かれるようになったのは、この1つ前の作品「名湯・白沢温泉へようこそ!」から。